お問合せはこちら

私の町で行われている手作りの野外イベント

野外イベントといえば、大手事務所に所属する歌手がパフォーマンスを行うフェスが有名ですね。私も好きなアーティストが出演するフェスには出かけて、熱狂することが多いです。ほかにも、クラシック音楽や伝統楽器が演奏されることもありますね。

そこまで大規模なものではありませんが、一般市民が参加して声の大きさを競ったり、力自慢をしたりするなど、各地で個性的な催しが行われています。こういった、地域の人々が手作りして、誰もが自由に参加できるという行事もなかなか楽しいものですね。私が住む町でも住民主催の野外イベントが数多く開催されていますから、いくつかご紹介します。

まずは、商店街の一角で行われている、アマチュアミュージシャンによる音楽ライブです。私はインターネットで地元の情報を検索していて、偶然この野外イベントの存在を知りました。参加者はその商店街にあるギター教室の生徒が中心ですが、動画サイトで歌を披露しているという人や、芸人志望の若者もパフォーマンスを行っています。誰でも観覧できますし、通りがかりにちょっと立ち止まって見るだけでも良いという自由さが素晴らしいです。

ちょうど駅と住宅街の間にある商店街ということもあって、多くの人の目に触れますし、最近はこのライブを見るためだけに訪れる人も多くなっています。こうやって地域の一体感を強められる野外イベントが行われるのはとても良いことですし、私も微力ながら応援しています。

もう一つは、住宅街の中の、池がある広い公園で行われている野外イベントです。その公園は数年前まで草が伸び放題になっていたのですが、定年退職をした方やPTAのお母さんたちが中心となって整備を行い、花壇や休憩所が作られました。月に一度ほど、小規模なお祭りのようなものが開かれて、定期的に食べ物を取り扱ってるケータリングカーが出るようにもなりましたし、地元の農家による野菜の即売会も開催されています。自分の町をますます好きになれそうな行事ばかりですから、これからも続いてほしいです。

野外イベントはとにかく最高で毎年参加したくなる

お祭り騒ぎを楽しみたい性格の私にとって野外イベントは天井がなく開放感が心地よいので、毎年いろんなイベントに参加してます。ケータリングカーも沢山出店してて楽しいです。ケータリングカー 出店料がいくらかかってるのか個人的には気になるところです。

最初は学生時代からの仲間内でレンタカーを借りて大勢で行っていたのですが、次第にみんなが同じ日に予定を空けられるということがなくなってきたこともあり、ここ数年は一人で足を運ぶというパターンがほとんどです。ただ、それでも期間中はすべてを一人だけで過ごすということはなく、たいていは現地で知り合った同じような音楽ファンと仲良くなって一緒に騒いだりするから、特に寂しいとかそういう気持ちにはならず基本的に大勢で楽しむというスタンスは変わっていません。

野外イベントで有名なのは夏フェスですが、規模はそこまで大きくなくても冬にやるほうが私は好きで防寒具などの対策をしっかりしつつイベントに出かける準備を進めるのも楽しみの一部です。これは冬のほうが空気が澄んで夜は星が見えやすいからで、大規模なフェスを開催するような土地ならではの魅力でしょう。

夜通し開催されているフェスだとこちらも同じくらいメインに考えて来ている人も多いのか、望遠鏡をセットしている人もよく見かけるくらいです。私はなるべく軽装で来たいからあまり野外イベントに必要なもの以外は用意してこないけれど、参加の仕方にも十人十色あるんだと感心してしまいちょっと興味がわいてきました。

こうやって書いていると私が目当てにしているのは好きな音楽バンドのライブだけと思われるかもしれませんが、他にも期待しているものがあってそれは外で食べる色々な夜店っぽいお店をまわることです。味自体は普通のお店と変わらないとは思いつつも、外で食べるシチュエーションに加えて手作り感が満載の食べ物がとてもおいしいと感じるから、フェスの合間ははしゃいだあとの栄養補給にと飲み食いばかりしています。これだから野外イベントに行くのがやめられないのです。

野外イベントに行く際に気をつけたいこと

音楽フェスやレイブなどの野外イベントに、行くのを楽しみにしているという人がいるかもしれないですね。最近さまざまなジャンルで賑わっているので、行ったことがある人やこれから行く予定がある人がいるのではないでしょうか。

野外イベントに行く際には、ぜひ日焼け止め対策をしていくとよいですね。なかにはインドアでおこなっていることもありますが、大半は野外ですので、日焼け対策は万全にしておきましょう。専用の帽子やサングラスなどを準備していってもよいでしょう。あまり荷物にならないようにしたいですが、ピンポイントはおさえて持っていくとよいですね。

そして虫対策も一応していくとよいでしょう。街中に近いところであれば、虫除けはいらないかもしれませんが、郊外だったり田舎地帯だと、意外と虫が出没することがあります。一回行ったことがある会場であれば雰囲気がつかめますが、初めてだとやはり不安ですので、スプレーなどをひとつ持っていくとよいでしょう。
フードに関してはいっぱいケータリングカーが並んでいるので、安心です。美味しいので食べ過ぎ注意になることもありますよ。

そして、忘れてはならないのがお目当てのアーティストグッズの販売です。Tシャツなんかはすぐに完売になりますので、着いたら早めに購入しておくことをおすすめします。後で後悔するのだけは避けたいですので、迅速に行動しましょう。また飲み物ですが、もちろん会場に売っていますが、意外と時間がなく買えないことが少なくありませんし、かなり割高です。場合によっては500mlで250円もすることもあるのです。ですので、コンビニなどで1本買って持っていくと重宝します。季節によっては冷凍ペットボトルがあるので、それを持っていくと安心ですね。

以上が野外イベントに行く際の注意点でした。何回か経験をつむと要領がわかってくると思います。初めての人は何かと不安だと思うので、ぜひ上記の内容を参考にして楽しく迎えてくださいね。

独立して商売を始めたいならケータリングカーでスタート

ケータリングカーは、会社という組織に縛られることなく、自分のペースで仕事を見つけて働きたいという人にお勧めの仕事です。中には会社に属してケータリングカーの仕事をする形態もありますが、独立しようとすれば誰でも独立はできます。

ケータリングカーで商売をしようとする場合に重要な要素となるのは、そこで販売するものです。ケータリングカーで洋服や本を販売する人はいないと思いますが、一般的なのは飲食です。飲食のケータリンカーであれば、どこでも需要があるので、比較的販売する場所などには困りません。

しかし、場所は確保できたとしても、核となるのが商品であるため、ある程度美味しいと思えるものを販売しなければお客さんは誰も寄り付いてきてはくれません。それは、大きな声で商品のアピールをしたとしてもです。大きな声を出して呼び込みを行い、一時的に列が並んだとしても、食べ物が美味しくなければ列が継続して伸びていくことはありません。ましてや、ほとんどの場合一人で商売をするのが基本となるため、販促活動もしながら、ものを売るというのは現実的には無理に等しいです。

ケータリングカーで販売する飲食に関して規制というものはないため、どんなものでも取り扱うことは可能です。ただ、見た目が奇抜なものを販売しても売れるわけではないので、やはり注目すべきは味です。味が美味しければ口コミなどで広がり、時にはグルメ専門の雑誌などに取材されることもあります。そこまでくれば安定した商売を継続させていくことはある程度保障されているかもしれませんが、誰もが同じような効果を期待することはできません。勝負をするには、いかに美味しいものを作るかにかかっているのです。

ケータリングカーでは唯一無二のものを販売することを心がけます。ありきたりな味では、ほとんどの人が見向きもしてくれません。ただ、販売する場所を限定すれば売れる可能性はあります。それは例えば、周りにコンビニやスーパーが店が全くない土地で商売をすることです。これな田舎に出店するという意味ではなく、野外フェスなどのイベント会場で商売をするということです。
どちらにしても重要なのは味です。そこを考えないとせっかく《移動販売車改造費激安!ケータリングカー&キッチンカー改造費解決》のようなサイトで大金を出してケータリングカーを用意しても実りがないのでは報われませんからね。

多様化するケータリングカー

ケータリングカーと聞くと、イベントなどでおこなわれるスウィーツなどの食事を販売するものというイメージが大きいのではないでしょうか。夏フェスがケータリングカー 販売場所になったりします。たしかに一番多く見られるのが、そのようなキッチンカーかもしれません。ただ最近は、ほかにもいろいろな用途で活躍しているのです。

まず、移動式スーパーやコンビニという形でケータリングカーが使われることもあります。たとえば高年齢の方が多く住む地域では、移動型販売車で、食品や日常品を売ってくれると大変助かるのではないでしょうか。実際に、移動型スーパーが広く活躍している地域があるのです。

また最近話題になっているのが移動型ITバスです。パソコンを完備してるバスですので、車のなかで、パソコン教室ができる画期的なサービスです。さまざまな世代の人に幅広く使われているのです。プリンターなどの設備が充実しているので、利用しやすいですね。

さらに、災害時や緊急時にはケータリングカーが活躍することがあるのです。たとえば災害時の本部や対策ルームといった使い方ができます。移動ができますので、このような緊急のときには、かなり重宝されます。

ほかにもケータリングカーは、飲食以外で使われているのです。たとえば最近は、移動式足湯カーとしてデビューしたケースもあります。文字通り動く足湯ですので、イベント会場だけでなく仮設住宅などで、とても人気のあるサービスとなっています。足だけですので、気軽に出せられるメリットがあります。

そして、面白いところではケータリングカーでブティックが展開されているものもあります。百貨店などに気軽にいけない、高齢者に人気があります。なかなか外出でいない人にとっては、大変ありがたいサービスですね。

このように、ケータリングカーは、飲食のものだけではありません。さまざまなアイデアやニーズにあわせて、今後も変化し多様化していくことが予想されます。あなたもアイデアが沸いたら、実現化してはいかがですか。

東南アジアにある飲食店の様子

飲食店というのは世界中にあるのですが、特に東南アジアにはどのようなお店があるのかということです。基本的には1年中暑いので良いお店はエアコンを完備していて、空調の効いた快適なレストランと、もう一方はそのようなものではないものがあります。エアコンがないお店というのは扇風機つまりファンのみであり、多くの場合天井にそのファンがついていることが多いです。天井にファンがついていると、その空間全体にゆっくりとした風が流れてくるのでバランスがよく、さらに音も静かで気持ちがいいということがあります。

東南アジアの飲食店のメニュー、それはお店によってまちまちですが、フィリピンやマレーシアといったところではあらかじめおかずをたくさん作り、それをお店の前に並べて、後は好きなものをお客に取っていってもらうというスタイルがあります。これの場合は主にご飯がメインで、その他におかずを2-3品ほど手に取るということになり、それによってランチをボリュームのあるものにすることができるのです。お店が揃えるそうしたメニューには肉系の料理炒め物や揚げ物をしたり、野菜だけの炒め物や目玉焼きや卵焼き、そしてスープ系を準備していることもあります。こうした飲食店のメニューはかなり人気でエコノミーなものなのです。しかも栄養のバランスを考えることができるので、不足しがちや野菜のメニューを多めに取ることにすれば、それだけでも満足度が高まっていきます。

日本ではあまり作り置きするメニューを出すということはないかもしれませんが、いつも暑い東南アジアでは早く調理してもなかなか冷めないという特徴がありますし、少しぬるめの味のほうが食べやすいということもあります。ですから2時間いえ3時間以上前に調理しても全く問題がないのであり、後は調理の後でハエがたかってしまうことがありますのでそうしたものを追い払うような対応などができればかなり人気になって商売は繁盛するのです。

夏場を限定に開催されている野外イベントの特徴

夏場に標高の高い所で野外イベントを行う場合、観客として楽しんでいる時に昼間でも涼しく感じる事がメリットです。冬場は高地では極寒の寒さを感じますが、夏場は高地では昼も夜も過ごしやすい陽気になる事が特徴です。群馬県の高地などで行われているキャンプに関して、ライブなどの行いながらテントで一夜を過ごす野外イベントが有名です。自然を満喫しながら開催しているアーティストのライブを見る事に楽しさがあって、夜間にはキャンプファイヤーを楽しんだり、普段味わえない催し物を楽しめる事に醍醐味があります。

群馬県などの高地に存在しているキャンプ場で、宿泊しながら野外イベントを楽しむ人の為にテントなどの道具を貸し付ける場合が多いです。快適に一夜が明かせるようにテントや寝袋などの道具を活用して、定時に行われる催し物を満喫できます。

食べ物を食べたい場合の屋台を出している所もあって、お腹が空いた時に弁当を食べながら催し物を楽しめます。キャンプ場としての役割もあって、自炊をして作った食べ物を満喫しながら楽しいライブを見物できる楽しさがあります。

夜間にはビールや日本酒などの酒を飲みながら、他の参加者と野外イベント堪能できる所も良いです。夜間に行われる催し物が終了した場合、テントに入って自然に囲まれながら寝袋に入って就寝をします。キャンプ感覚でくつろぎながら、多くのアーティストが提供している出し物に満足しやすいです。群馬などの高地で開催を始めてから、最近になって徐々に参加者の数が多くなっている傾向です。

泊り込みの野外イベントに参加する際の注意点として、最初に気を配る事は天候の状況です。基本的に雨が降らない時に参加をする事が望ましいが、風が強く無い状態で安定した天候の時に開催している日を調べる事が良いです。天候の状況によっては中止になる事を考えて、持ち物として折り畳みの傘などを用意しておくと良いです。体調が悪くなったら、素早くスタッフの人に指示を仰ぐ事が大事です。

夜鳴きそばの思い出

最近はクレープやワッフルなどオシャレなカラーリングのケータリングカーも増えてきましたが、私が子供のころのケータリングカーといえば普通の軽トラックに毛が生えたような地味なものが大半でした。そんな地味なケータリングカーでも普段とは違う気分が味わえたもので、味の方は普通でも「おいしい」と思えたものです。そんな思い出のケータリングカーのひとつが「夜鳴きそば」です。

夜になると、ケータリングカーの丈夫に設置されたスピーカーから、誰でも知っているチャルメラのメロディーを鳴らしながら自宅周辺などを巡回します。巡回している時間は夕食後のことが多いので、子供が欲しいとねだっても、当然のことながら親はなかなか首を縦に振ってくれません。「夜食は体に悪いよ」と、今考えてみれば当たり前のことを子供に言い聞かせて、駄々をこねる子供に我慢させるのです。今考えてみれば大変ワガママな子供だとしか言いようがないのですが、自分の子供があれが欲しい、これが欲しいと駄々をこねるたびに「子供ってそういうものなんだなあ」としみじみ思ってしまいます。

そんな親も1度だけ子供のワガママを聞いて、夜鳴きそばのケータリングカーを自宅前に止めてくれたことがあります。いつもダメだと言っているのを気の毒だと思ったのか、1度食べてみれば大したものではないと分かってくれるのかと思ったのかは知りませんが、子供心にそれは「特別な体験」でした。親にとっては無駄遣い以外の何物でもなかったでしょうが。

ケータリングカーの前で待つこと数分、ラーメンが出来上がります。今考えてみるとスープもそんな凝ったものではなかったでしょうし、麺の方も自家製ではなくどこかから購入したものだったでしょう。多分、店で食べたら「こんなもんか」という程度の味だったと記憶しています。ただ、普段食べられないものを食べることができたという気持ちで、おいしいと感じたことは確かです。
最近はあまり見かけませんが、今も夜鳴きそばのケータリングカーはあるのでしょうか。まあ、見つけても買うことはないのでしょうけれど。

たこ焼きのケータリングカー

関西でケータリングカーといえば、真っ先に頭に浮かぶのがたこ焼きです。最近では焼き鳥やクレープなどいろいろなケータリングカーを見かけるようになりましたが、幼少時の思い出のせいなのか、現在でもケータリングカーといえばたこ焼きのイメージが抜けません。

子供のころに親と一緒にスーパーに買い物に行くと、駐車場にこのたこ焼きのケータリングカーがよく止まっていました。子供心に対して面白くもないと思っていた買い物に付き合わされて、やっと終わったと思ったときに、ケータリングカーからたこ焼きのいい匂いがしてくるのです。大体、買い物に行く時間といえば夕食前ですから、お腹が空いています。必要以上においしそうに感じて「たこ焼き買って」と駄々をこねたことは1度や2度ではなかったと思います。

もちろん親からすれば、そんなものを買うのは無駄な出費以外の何物でもありませんし、何よりもたこ焼きを食べてしまうと肝心の夕食が食べられなくなってしまいます。当然のことながら「そんなん買うたらあかん」と怒られて、それでも欲しいと親に泣きつきます。結局、買ってもらえずに我慢して帰ることがほとんどだったのですが、おやも我慢させてばかりではかわいそうだと思うこともあったのでしょうか、たまには「まあ、今日ぐらいはええよ」と頼みを聞いてくれることもありました。

そういうときには、家に帰って真っ先にたこ焼きの入った容器を開け、皿に取り分けて電子レンジで温め直していました。今考えると、たこ焼きといってもそれほどおいしいものではなかったようにも思えるのですが、子供ですから「特別に買ってもらったもの」への思い入れは大きいもので「これおいしい」と言いながら一心不乱に食べていたことはよく覚えています。
最近はケータリングカーの種類も増えて、もはやたこ焼きのケータリングカーを見ることは多くなくなってきました。でも、私にとってはケータリングカーといえばたこ焼きなのです。

近年の野外イベントについて。

野外イベントと言っても季節によっても場所によっても様々なものがあり、人によって想像するものも多種多様である。
音楽が好きな人であれば音楽の野外イベントを想像するかもしれないし、別の人は大勢の人が集まってスポーツを行うものを想像するかもしれない。

私も「野外イベント」と検索をしてみたが外で大勢で集まってヨガを行うイベントや子供まで楽しめるような星空を観測する野外イベント、アウトドアまで楽しめるキャンプのイベントなども見つかった。
近年ゲームなどで公園でかけっこやジャングルジムで遊ばずゲームをしている子供がいるというのだから天体観測やキャンプイベントなど外で子供が遊べる機会の増える野外イベントが増えることはとても良い事だと思う。

一方で最近では若い女性の間で話題の野外イベントとしてバブルラン、カラーランというものがあるのはご存知だろうか。とは言っても私も友人のインスタグラムでその名前を見るまでは存在すらしらなかったので調べてみたのだが、どうやらどちらもマラソンイベントだそうだ。

但し普通のマラソンのイベントとは違って順位を競う事が目的ではなく、決められた距離をいかに楽しむかというものなので歩いてもいいそうだ。そしてバブルランは泡まみれになりながら走る、カラーランはカラーパウダーという文字通り色のついた粉を全身に浴びながら走るというものだ。これだけだと一体何が楽しいのか、何のためのイベントなのかと思われるかもしれないがこれが今、若い女性達の間で大人気なのだ。

勿論走ることを目的としていないことは分かっている。おそらく彼女たちは思い出作りという面でこのイベントを楽しんでいるのだと推測する。

今は携帯のカメラ機能が高性能になりいつでもどこでも写真が撮れるようになった。これらのバブルランやカラーランに参加している女性の多くは参加し泡まみれもしくは色まみれになった自分たちの写真を撮りインスタグラムなどのSNSにアップしていることが多い。そういった背景からもこのような野外イベントに参加し、写真を撮り思い出を共有していく女性が増えたことがこれらのイベントの集客率を上げている要員の一つなのかもしれない。

1 2 3 4 5
PAGE TOP ↑