ダイエットと言えば体重を落とすことが目的だと思いますがしっかり痩せるまでの知識がないとダイエットを成功させるのに時間がかかってしまったり、リバウンドの原因になりやすいです。
ダイエットで大事なのは運動は勿論ですが食事のとり方が非常に重要です。食事のとり方1つでダイエットが左右されてしまうことも十分にあり得ますので、ここではその食事ダイエットに関する知識を皆様にお届け出来ればと思っています。

ダイエットと食事について

ダイエットをしたいからといって、やみくもに食事を制限するのはよくありません。栄養バランスを考えて取り組まないと逆効果になってしまうことも少なくないからです。それだけでなく健康に支障が生じることもあるので注意しなければなりません。たとえば血糖値に気を付けることも非常に大切です。空腹感が強くなるのはその値が急激に低くなったときなので、そのような現象を行さないことがポイントといえます。すなわち摂取するカロリーを減らすだけでなく、血糖値を大きく変動させないことを心がけると良いのです。そうすると空腹を感じににくくなるので、食べ過ぎることがなくなります。

血糖値への配慮

血糖値への配慮が足りないと、糖尿病の症状が深刻になってしまう恐れがあります。感覚に異変が生じたり、視力が低下してしまったりすることも珍しくありません。それだけでなく、心筋梗塞をはじめとした命に関わる病気の発症を促すことにもなるのです。血糖値を適正に保ちながらダイエットに取り組むには、食事で得られる糖質についてチェックすることが大切です。

炭水化物の摂取量を気を付ける

つまり炭水化物について、常に注意する必要があります。全ての炭水化物が糖質に関係しているわけではありませんが、区別するのは難しいので全てに警戒したほうが安全でしょう。炭水化物は麺類やご飯などに含まれており、ブドウ糖に分解されてエネルギーになります。簡単にいうと、それを数値化したものが血糖値です。そのため、炭水化物を上手く制限しながらダイエットをすると、健康面に悪影響が出にくくなります。たとえば、魚介類や根菜類をメニューの中心にするのであれば問題ないでしょう。

中性脂肪への配慮

同様に中性脂肪に注意することも、適切なダイエットには欠かせません。肥満になっている要因が中性脂肪の作用によるものであれば、食生活に問題が潜んでいる可能性があります。脂質を多く摂取すると中性脂肪は増えてしまいます。また、糖質を摂りすぎることも要因の一つです。そのため肥満を改善したいなら、

ダイエットの基本は糖質と脂質の管理

糖質と脂質を多くふくむメニューを控えるのが大切であると考えられます。中性脂肪が過剰なままで放置していると、高血圧などの症状が現れることが少なくありません。中性脂肪が消費されると血液中にある物質が生成されます。その物質の作用によって、このような諸症状が現れるリスクがあるのです。このように栄養バランスを考えてダイエットを行わないと、健康に害が出かねないので注意しましょう。

 

ダイエットに最適な食事方法

ダイエットを始めたら、まず最初にするのは食事制限です。
脂質の多い揚げ物や糖質の多いスイーツは控えて、野菜が多めのカロリーの低い食事を心掛けます。
しかし、食べ物を控え低カロリーの食事を心掛けても、必ずしも痩せるとは限りません。
食事制限に加え運動もしているのに、一向に体重が落ちないと感じるケースは少なくありません。

カロリーを落とすだけでは痩せない!?

食事制限をしてもダイエット効果を感じないのは、最適な食事方法をしていないからです。
体重を落してダイエットを成功させるためには、脂質や糖質の少ない低カロリーの食事だけでは無理です。
近年の研究結果によると、肥満になる原因は血糖値の上昇と深い関係があると言われています。
ですから、食事をするときはカロリーを制限するだけでなく、血糖値の上昇を抑えることも大切なのです。
血糖値の上昇を抑える方法のひとつが、食べ順です。

食事ダイエットで重要なのは食べる順番

食事をするときに食べたい順番で食べるのではなく、血糖値を急激に上げない食べ方を心掛ける必要があります。
血糖値の上昇を抑えられる食べ順とは、最初に食物繊維を摂り、次にタンパク質、最後に炭水化物です。
具体的に食べ順を説明すると、お箸を持ったら最初に食物繊維を摂れる野菜を食べましょう。

野菜から食べることが大事

洋食ならサラダやメインの付け合わせ、和食なら煮物やお味噌汁などには、野菜や食物繊維の多い食べ物が含まれているので、これらから食べ始めると血糖値の上昇が抑えられます。
しかし、食物繊維を最初に食べると抑えられるのは、上昇する血糖値だけではありません。
太る原因となる脂質や糖質の吸収を抑えられる効果も、同時に期待することができます。
食物繊維を最初に摂ったら、次はタンパク質です。

野菜の次はたんぱく質

タンパク質は肉や魚に含まれているので、メインとなる料理を食べると良いでしょう。
ダイエット中にタンパク質を摂取しておけば、筋肉量を落してしまうことはありません。
ダイエットに成功して体重が減っても、筋肉が減ってはいけません。
健康的に痩せるためにも、ダイエット中はタンパク質も意識的に摂取してください。

最後に炭水化物

食べ順の最後となる炭水化物は、ごはんやパン、麺類に含まれています。
ごはんやパンだけを最後に食べるのは辛いので、あくまでも野菜の次に肉・魚、ごはんと意識しておきましょう。
糖質が含まれている果物は、食後が最適です。
果物は食後のデザートとして食べるのが、一番良いとされています。
食事制限をしてダイエットをするなら、野菜や肉・魚、果物の食べ順も意識しながら行ってください。

 

食べ順ダイエットについて

先ほど説明しました食べ方の順番について更に詳しく説明させて頂きます。

食べ順ダイエットとは、普段の食事の際に食べる順番を変えることによってそれぞれの栄養素の吸収を理想的に調整することでダイエットに繋がるという方法の事です。

効果はすぐにでるものではありませんが、食べ順ダイエットを行うことによって過度な運動や極端な食事制限を行わずストレスを溜め込みすぎない方法でいろいろな世代の方にオススメのダイエット法です。

食べ順ダイエット解説

やり方としてまずは

  1. 汁物から食べる
  2. 食物繊維の多いメニューから食べる
  3. たんぱく質の多いメニューを食べる
  4. メニューの最後に炭水化物を食べる

といった順番で食事を行うことです。

汁物から食べる理由として、水分を1番に摂取することによって体が満腹感を感じ、過剰に食べることを防ぐことができるからです。
次に食物繊維の多いメニューを食べることにより、血糖値の上昇をゆるやかにし、脂質の吸収を抑える効果が期待できます。野菜や果物が多く含む食物繊維は便秘解消や美肌効果も期待できるので女性はもちろん高齢者の方にも多く食べていただきたい栄養素です。
そしてたんぱく質の多いメニューを食べます。たんぱく質は肉や魚に多く含まれ、ダイエットには低カロリー・高たんぱく質のメニューが最適です。鶏肉が1番カロリーが低く、たんぱく質が多く含まれる食材です。鶏皮を取ることによってさらにカロリーを抑えることができます。
最後に主食となるご飯・パン・麺類の炭水化物を食べます。炭水化物を最後に摂取することによって急激な血糖値の上昇を抑えることができます。脂質の吸収も最初に炭水化物を食べる場合と比べゆるやかになります。

この方法なら外食しても順番を守るだけで自分の好きなメニューを食べることができますし、体に必要な栄養素も効率よく摂取できます。

このダイエットを行うにあたって最適なのが定食です。
定食スタイルでの食事をすることによって汁物・メインのおかず・炭水化物で分けられ、誰にでも分かりやすく食べ順ダイエットを行うことができます。
また、定食スタイルにすることによってご飯とメインのおかずのみ。などといった栄養バランスを考えないメニューばかりになるのを防ぐうえに、汁物を食べることによって野菜を取り入れやすくすることができます。

これらの食事方法に合わせて汁物・おかず・炭水化物それぞれを食べる際に「よく噛む」ことによって満腹感を十分に得ることができ、食べる量を減らすこともできます。

食べ順ダイエットを長期的に行うことは、理想の体型を目指すことに加えて健康的な生活を送ることができる最高の食事方法だといえるでしょう。

 

太りにくい食事について

ダイエットで危険なのは、何も考えることなく食事制限をすることです。
食べる量を減らせばいいのだろうと単純に考えて、必要量を摂取しない場合、良くない痩せ方をするようになり、ダイエットをやめた途端にすぐにリバウンドをしてしまうことになります。
ただやみくもに量を減らすだけのダイエットでは、自分が辛いだけになってしまいますので、量を減らすのではなく、太りにくい食事をするようにしなくてはなりません。

太りにくい食事1-食物繊維

太りにくくするための食事は、食物繊維を意識して摂取するようにしてみるといいでしょう。
食物繊維は、満腹感を得やすくなるだけではなく、便通にも影響を与えてくれるようになります。
不要なものをお腹の中にため込むのではなく、どんどん便として排出することによって、太りにくくしていく働きがあります。

太りにくい食事2-たんぱく質

高タンパクの食べ物を摂取するのも、効果的なダイエットにつながります。
痩せるために必要なのは、筋肉を増やすことです。
筋肉が増えれば体の代謝が良くなっていきますので、今までと同じような生活をしていたとしても痩せやすくなっていきます。
そのため筋肉をつけることによって、体が自然と痩せやすくなっていきますので、高タンパクのものを積極的に摂取するといいでしょう。

太りにくい食事3-ビタミン

ビタミンに関してもダイエットにいい働きをしてくれるようになります。
ビタミンの中でもビタミンB1、B2、B6に関しては、体に余分な脂肪をつけさせないようにしてくれる働きがあるので、必要以上に脂肪を体に付けさせないようにしてくれる働きがあります。

辛いダイエットをしても続かない

脂肪が体にためこまれていく事によって、ダイエットが必要な体になってしまいますので、無駄に脂肪をつけないようにしなくてはなりません。
ダイエットをしていくうえでは、知識をつけてから行うようにしたほうが、辛くないダイエットを行うことが出来るだけではなく、効率を重視したダイエットをすることが出来ます。
太りにくい食事をするだけで、辛いダイエットから逃れられるのであれば、ダイエットを始める前に、どんな食事にしていくのがいいのかを勉強しておきましょう。
そうすることで、無理なダイエットをしなくてもよくなりますし、痩せた体を維持していきやすくなります。
苦労をして痩せたというのに、またすぐに元に戻ってしまえば、その繰り返しになってしまうことになり、常に辛い状態が続くことになるでしょう。
そうならないためにも、正しい知識を持ってダイエットを始めなくてはなりません。

 

太りやすい食事について

皆さん、一度はあるかもしれませんが、炭水化物を食べ過ぎると、それほど量は食べていないのに、体重が増えてきてしまったということを経験したことがあるのではないでしょうか。
主に代表される食材には、米やパン・小麦(パスタやピザなど)などがあり、どれをとっても食欲がそそられるものではないでしょうか。
また忙しい時には、コンビニやスーパーなどで買ってきて、簡単・手軽に食べられる食事でもありますので、どうしても、普段の生活の中で、摂り過ぎてしまう傾向にあるのではないでしょうか。

炭水化物の摂取量に注意

ただ冒頭でも触れたように、炭水化物を食べ過ぎることは、太りやすい典型的な食事と言えるでしょう。
なぜ摂り過ぎると太ってしまうかと言うと、体に摂り込まれると、まず食物繊維と糖質に変わります。この時、糖質を摂り過ぎてしまうと血糖値が上がってしまい、特に糖質が通常はエネルギーとして消費されるはずなのですが、されずに脂肪として体に蓄積してしまう現象が起こってしまうのです。
従って、炭水化物(糖質)と血糖値との関係性を認識しておかなければ、自ずと太りやすい食事をしてしまうことになるでしょう。

血糖値に気を使う

血糖値が高いと、脂肪が燃焼せずに体に蓄積されてきますので、その逆のことをすることで、太りやすい食事を避けることが出来ます。
ですので、血糖値の上昇を緩やかにしたり、あまり高く上がり過ぎないようにする、食事の方法をとることが大切となってくるでしょう。
血糖値は、ゆっくり食事をすることでも上昇を抑えることが出来ますし、また、食べる順番を工夫することでも、上昇を緩やかにすることが出来るでしょう。
以前、食べる順番ダイエットが流行ったことがありますが、まさにその方法で食事をすると、上昇を緩やかにすることが出来ます。

食べる順番を意識する

初めにスープやお味噌汁などの汁物を食べ、次にお野菜などの食物繊維、次にタンパク質などを食べ、最後にお米などを食べることで、急な糖質の吸収を抑えることが出来、緩やかに上昇することが期待出来るのです。
様々な生活の中で、炭水化物だけの食事を摂ってしまうことは多いでしょうが、炭水化物だけを食べても、十分な栄養を得られないということもあります。体の健康は、食物繊維やタンパク質なども摂り、バランスの良い食事をして、初めて得られるものですので、手間がかかり大変かもしれませんが、太りやすい食事にならないためにも、食事作りに時間や手間をかけてあげることが、とても大切となってくるでしょう。

 

ダイエット食品オススメサイト

脱ぽっちゃり女子必見!ダイエットアイテム紹介

様々なダイエットに関する情報を最新でお届けするこのサイトはオススメです。