ポリフェノールについて

ポリフェノールは、抗酸化作用があります。
抗酸化作用は、体の酸化を防止して、若々しい体づくりをサポートしてくれるのに
欠かせないものです。

ストレスは太る原因!?

ストレスなどがたまると、体に中に活性酸素がつくられます。
活性酸素は必要以上にあると、老化の原因や動脈硬化やガンの原因にもなります。
抗酸化作用は、その活性酸素を除去してくれる働きがあるのです。

果物と野菜からポリフェノールを摂取可能

ポリフェノールは、果物や野菜、植物などに含まれています。

果物や野菜などの果皮や種子などに含まれており、これは、成長する為行う光合成
や害虫や強力な紫外線から身を守るためにこのような物質が含まれているのではないかと言われています。

その為、私達は、ポリフェノールを果物や野菜からとることができます。

ポリフェノールが多く含まれている果物は「ぶどう」

ポリフェノールが入っているので有名な果物は、ぶとうがあります。
赤ワインなどにポリフェノールが入っているというのを聞いたことがあるかもしれませんが、
赤ワインの原料には、ぶどうが使われています。
その他の果物だとブルーベリー、ラズベリーなどのベリー系に多く含まれています。
ポリフェノールの多く含まれる代表的な野菜は、トマト、ゴボウ、ブロッコリーなどが
あります。

意外にもポリフェノールが入っている食材

果物や野菜以外にも、緑茶やカカオなどにもポリフェノールが含まれているので、
チョコレートや緑茶からも摂取できます。