コレストロールについて

コレステロールという言葉を聞いたことがあるでしょうが、コレステロールとは脂質の一種で、血液中などに存在し、身体中に脂質を運んでくれるなどの働きをしてくれています。
皆さん、コレステロールは敬遠しがちな印象を受けているでしょうが、実は体のために必要なもので、体のために働いてくれている存在なのです。
しかし数値が高くなることで、生活習慣病などを引き起こしてしまうため、気を付けなくてはいけない存在でもあるのです。

噛む回数を多くすることはダイエットには不可欠なんです。

コレステロールを低くするためには、まず食べ過ぎることを控えることが大切でしょう。

そのために、噛む回数を多くし、満腹度を高くすることが大切になってきます。

咀嚼の回数を増やし、満腹中枢に働きかけることで、少しの食事量で満腹感を得ることが出来ますので、結果的にコレステロール値を下げ、ダイエット効果に繋げることも出来るのです。

咀嚼を意識して食べることは、初めは慣れないかもしれませんが、意識をしていくうちに、それが習慣となっていくでしょうから、諦めずにまず続けることが大切となってくるでしょう。

また、食卓に上げる食事を最初から少なくしておくと、視覚的に食事量が少ないことを把握出来ますので、自然と噛む回数が増え、高いダイエット効果が期待出来るのではないでしょうか。