病気への抵抗力や脂肪を燃焼するダイエットを成功させるうえで重要なのが、全身の細胞を常に新しい状態に作り変える基礎代謝です。

基礎代謝の上げ方

その基礎代謝を上げるためには運動とともに食事で得られる栄養が大事であり、その栄養というのがアミノ酸とBCAAそしてビタミンBです。

基礎代謝の底上げはアミノ酸とビタミンB

アミノ酸はタンパク質の原料であり、肉や魚から摂取すると体にまだなじまないアミノ酸は肝臓で分解されてタンパク質となり体になじむ形に分解されて筋肉の一部になります。

ただしアミノ酸には2種類存在し、一つは体を作るための役割を持つ成分でもう一つが作り上げたタンパク質を守るためにアミノ酸です。

そのアミノ酸がBCAAです。BCAAはBranchedChainAminoAcidsの頭文字で別名分岐鎖アミノ酸と呼ばれます。

この成分は生き物が活動をすると、どんな形であれ傷ついた筋肉をいやすために作り上げたタンパク質を使ってしまいます。

それでは基礎代謝を上げるために運動をするはずが、その状態ではタンパク質を消費しすぎてしまい意味がなくなってしまいます。

そこでBCAAを摂取すると作り上げたタンパク質を真っ先に使うのではなく、このBCAAを先に使うので運動後の筋肉消費を抑え込みます。

そしてこれらの活動を助けるのがビタミンBであり、ビタミンBには酵素をうまく筋肉に誘導する力がありBCAAで消費する速度を落とすので筋肉消費をより遅くしてくれます。