ダイエットする場合に、なるべく食事や水も制限して摂取をとらない人がいますが、
水も飲まないというのは、生命維持の観点からあまりおすすめできません。
脂肪を燃焼しやすい体にするには、基礎代謝を上げる必要があります。

基礎代謝を上げることがダイエットの近道

基礎代謝を上げると、新陳代謝が活発になるので、代謝もあがり脂肪も燃焼しやすくなり
痩せやすく、太りにくい身体をつくることができます。
そんな体づくりには、水分摂取量に気を付けることがかかせません。

水分を取り体内の老廃物を外に出す

水をたくさん飲むとよいというのは、水分を摂ることによって、
体にたまった余分な老廃物などを排出しやすくするためです。
しかし、ただたくさん飲むのがよいかということではなく、やはりその人の体重や身長に
あわせた水分摂取量があります。

水分摂取量の目安

大体体重50キロの人の場合、一日2リットルぐらいと言われています。
しかし、運動をする場合は、それよりも飲む必要があります。
運動する場合は、特に水分摂取が欠かせません。
運動すると、汗をかくので、老廃物も流すことができますが、水分もでていってしまうので、
新たに水分を取り込む必要があります。
また、運動して水分を取らないと、熱が体の中にこもってしまい
脱水症状などの症状を起こす場合もあり危険です。
飲む水もできれば、ミネラルなどを豊富に含んだものを飲むとよいです。