ダイエットに取り組んでいる方にとって、食事というのはとても重要な要素になってきます。
運動をするだけでは痩せることができません。
どんな食事を摂取するかで、体質を改善していくということにも関係していきます。

筋肉づくりにたんぱく質は絶大

まず、痩せるためには筋肉が必要です。筋肉があることで、代謝がアップして、脂肪燃焼効果が高まります。
体温もあがりますし、基礎代謝がアップすることで、エネルギー消費を高めていくことができます。

たんぱく質は低脂質、低糖質

筋肉を作るためには、タンパク質が必要になります。ですから、高たんぱく、そして低脂質、低糖質というのが基本になってきます。
糖分を多く摂ってしまいますと、余ったものは、脂肪となって蓄えられてしまいます。
効率良く脂肪を使っていくためには、筋肉を増やして、さらに余分な糖質(炭水化物)、脂質を取らないということを意識した江ニューをとっていきましょう。

たんぱく質を多く含んだ食材とは?

タンパク質の多い食べ物として理想は、鶏のささみや皮を取った胸肉、さらにマグロの赤身などです。

動物性のタンパク質の方が筋肉につながっていきますが、もちろん大豆などの植物性のタンパク質も大事です。
女性ホルモンに関係する、イソフラボンも摂取できますので、大豆もおすすめです。