デトックス効果のある食材紹介

旬の食材を摂るように食生活を見直すことが大事です。
環境汚染や食品添加物、不規則な生活のストレスで、知らないうちに毒素は体内にたまります。
食生活を見直してデトックスを実施しましょう。
デトックス食材には、有害物質を吸着して毒素を殺すビタミンCや亜鉛、身体の解毒作用を高めるタウリンやイソチオシアネート、有害物質を排出するクロロフィルなどがあります。
旬の野菜や魚などの食材に意識すればバランスよく摂取出来ます。

ビタミンC:柿

栄養素の王様といわれるビタミンCは有害物質を吸着する効果に優れます。
柿は色が変わりやすいので調理する時は酢やレモンと一緒にするといいです。

亜鉛:カキ

カキは毒素を取り除くフィルターの役割をする肝機能を強化します。
レモンなどビタミンCと摂れば吸収アップです。
有害物質を無力化します。

タウリン:タコ

タウリンは体の解毒作用を高めます。
タコは焼くと3割、煮ると5割も成分が減るので可能なら生食がオススメです。
水溶性なので煮汁も一緒がいいです。

イソチオシアネート:菜の花

辛味や香り成分が身体の解毒作用を高めます。
菜の花はつぼみが閉じている物を選びます。
茹ですぎに注意しましょう。

食物繊維:トウモロコシ

有害物質の排出効果が高い食物繊維です。
トウモロコシは鮮度が落ちるのが早いのでゆでたら早めに食べましょう。
粒が隙間無く詰まったものが美味とされています。

クロロフィル:焼きのり

有害物質を排出する効果が高く、加熱や細かくするほど働きやすくなります。
海藻を粉砕し加熱処理した焼きのりなら、手軽に摂取できます。

フィトケミカル:ブロッコリー

フィトケミカルは熱に強い成分です。
ブロッコリーはスープや蒸し料理などで食べても効果的です。

ヨウ素:モズク

粘り気のある食物繊維が、糖や脂肪の吸収を抑制します。
食事の最初に摂れば、弱った胃の機能を回復させます。
酢と食べると血液がサラサラになります。