独立して商売を始めたいならケータリングカーでスタート

公開日:  最終更新日:2015/12/19

ケータリングカーは、会社という組織に縛られることなく、自分のペースで仕事を見つけて働きたいという人にお勧めの仕事です。中には会社に属してケータリングカーの仕事をする形態もありますが、独立しようとすれば誰でも独立はできます。

ケータリングカーで商売をしようとする場合に重要な要素となるのは、そこで販売するものです。ケータリングカーで洋服や本を販売する人はいないと思いますが、一般的なのは飲食です。飲食のケータリンカーであれば、どこでも需要があるので、比較的販売する場所などには困りません。

しかし、場所は確保できたとしても、核となるのが商品であるため、ある程度美味しいと思えるものを販売しなければお客さんは誰も寄り付いてきてはくれません。それは、大きな声で商品のアピールをしたとしてもです。大きな声を出して呼び込みを行い、一時的に列が並んだとしても、食べ物が美味しくなければ列が継続して伸びていくことはありません。ましてや、ほとんどの場合一人で商売をするのが基本となるため、販促活動もしながら、ものを売るというのは現実的には無理に等しいです。

ケータリングカーで販売する飲食に関して規制というものはないため、どんなものでも取り扱うことは可能です。ただ、見た目が奇抜なものを販売しても売れるわけではないので、やはり注目すべきは味です。味が美味しければ口コミなどで広がり、時にはグルメ専門の雑誌などに取材されることもあります。そこまでくれば安定した商売を継続させていくことはある程度保障されているかもしれませんが、誰もが同じような効果を期待することはできません。勝負をするには、いかに美味しいものを作るかにかかっているのです。

ケータリングカーでは唯一無二のものを販売することを心がけます。ありきたりな味では、ほとんどの人が見向きもしてくれません。ただ、販売する場所を限定すれば売れる可能性はあります。それは例えば、周りにコンビニやスーパーが店が全くない土地で商売をすることです。これな田舎に出店するという意味ではなく、野外フェスなどのイベント会場で商売をするということです。
どちらにしても重要なのは味です。そこを考えないとせっかく《移動販売車改造費激安!ケータリングカー&キッチンカー改造費解決》のようなサイトで大金を出してケータリングカーを用意しても実りがないのでは報われませんからね。

PAGE TOP ↑