お問合せはこちら

初めて参加したイベントの感想と反省

先週の日曜日の話になりますが、約三か月前から計画していたあるイベントへ友人達と参加してきました。それは手作り作品を販売する事が出来る野外イベントでして。今まで屋内で開催された時は参加した事はあったのですが、屋外は初めて。一人での参加が不安だったので、仕事が休みだった友人に協力して貰いました。
室内と違って野外イベントの場合、販売ブースを一から自分達で作らなければならなかったので、それが一番大変でした。普段キャンプをよくやるという会社の同僚から、キャンプ用のテーブルやイスを借りました。日よけのためにテントも張らなければいけなかったので、前もってテントの設置の仕方を勉強しました。
前準備がとても大変だった今回の野外イベント。でも頑張ったかいはありましたね。大きな公園の一部が会場だったので、普段手作り作品に興味が無いような客層も大勢ブースへ立ち寄ってくれまして。新たな出会いが沢山ありました。
商品を手に取って貰えただけでも嬉しかったのですが、お褒めの言葉を頂けました。目の前でお客さんに自分の作った物に対してリアクションをして貰えるなんて、ドキドキする出来事ではありますが、感動する場面も多かったですね。
新たな出会いと言えば。今回日本へ観光に来たというアメリカの女性の方が、私の作品をとても気に入ってくれて、その際にブログのURLを載せている名刺を渡しました。下手な英語でなんとか会話をしてみたのですが、相手に言葉が通じたかどうか不安でした。すると数日後にその女性からコメントがあったんです。
翻訳サイトで和訳してみると、購入したハンドメイドのがまぐちのポーチを毎日使っているとの事。そして周りの友人達に、そのポーチどこで買ったの?私も欲しい。と言われたよという書き込みでした。
日本から遠く離れた遥かかなたのアメリカで、私が作ったポーチを大事に使ってくれているなんて嬉しすぎです。しかもわざわざブログへコメントを残してくれるなんて。
素敵な出会いがあった今回のイベント参加。また次回機会があればぜひ参加したいと思っています。また素敵な出会いがあるといいな。

食文化を体験するなら屋台が一番

海外旅行の醍醐味は食文化を経験することだと思います。一口に食文化といっても、高級レストランや一般食堂など、さまざまな角度から現地の食事を経験することができますが、なかでも私が好きなのはストリートフードです。ケータリングカーによる料理の移動販売が大好きなのです。日本語で言うところの、いわゆる屋台です。地元の普通の人には縁がないような高級レストランなどよりも、誰でも気軽に食べられるストリートフードのほうが、現地の食文化をより如実に表現しているものではないかと思います。海外は日本と違って屋台文化が盛んですから、私の海外旅行は、その食事のほとんどを屋台で済ませてしまいます。ストリートフードは安いし、早いし、美味いし、なにより旅情があります。見知らぬ異国の土地で、現地人に混じりあって屋台で麺をすすったりすれば、底知れぬ感動を経験できるものです。

そんなストリートフード大好きな私が今まで食べたなかでもっとも印象深かったのが、ドイツ・ミュンヘンのケータリングカーで販売されていたホットドッグです。ドイツと言えばソーセージが有名ですが、本場で食べるそれは筆舌に尽くしがたいほどに美味しいものでした。日本では一度も経験したことがないようなクオリティです。そんなものが、ドイツでは屋台で食べられるのですら、さすが本場といったところです。また、パンの美味しさも格別でした。あの食にうるさいフランス人ですら、ドイツのパンの美味しさは賞賛するようですが、ドイツは屋台であってもパンにはこだわります。日本のホットドッグといえば、給食のパンのようなものですが、ドイツのそれはまったく別物。フランスパンのように硬い生地の本格的なパン。パンだけで食べても十分に味わい深いであろう美味しさです。そんなパンとソーセージのマッチングは最高で、ミュンヘンに滞在した数日間、私は毎日ホットドッグばかりを食べていたような気がします。それくらい素晴らしいしろものだったのです。

日本の高いレストランやお店で食べるより、現地の安い屋台で食べるほうが美味しいといったケースはままあります。それが現地で食文化を体験するということなのでしょう。

普段の生活範囲で利用するケータリングカーの食べ物屋さん

外食は普段より高いお金を出して食べるだけあっておいしいですが、その中でも文字通り外で売っているケータリングカーの移動販売でお腹を満たすのは至福のひと時です。この商売は結構近頃流行っているのかわからないけれど、スペースさえ余っていればいろんな場所で見かける気がします。私が住んでいるところの周辺で見かけるのはスーパーやカーディーラーなんかが特に多く、営業しているときはお腹がすいていなくてもつい買ってしまうから移動販売の魔力はすごいと感じます。頻繁に目にするとはいえいつもそこにいるということがないから、ある意味では期間限定のような錯覚を覚えてしまい日本人の限定に弱いという心をくすぐる上手い商売と思います。
ちなみに住宅街に近いせいかケータリングカーでイメージするクレープ売りにはまだ会ったことがなく、割合的にはたこ焼きやアイスなどがほとんどです。というかこの二つを同時に売っているお店がきていて、冷たいものと熱いものを一緒に売っていて不思議な感覚がします。しかも今まで見たどの移動販売よりも価格設定が安く、どちらも100円で統一されていることもあってかなり人気が高いみたいで噂になっています。実際食べてみると値段相応というか味は特別おいしいというわけでもないものの、最初に言ったとおり外で食べるという普段の生活とは違う空気が味を倍くらいのおいしさにひきたてているし、そこらへんで買えるものより体感的な評価は高いです。
広い敷地のお店の隅にポツンとケータリングカーが止まっているにもかかわらず、存在感はとてもありスーパーなどが目的で訪れた人も結構寄っているように見えます。最近はあまりの人気ぶりか晴れの日に近くを通るとほぼ毎回いるのがわかるから、経費なんかを引いてもきっとトータルの収入も凄いのだと思います。安くておいしいものを食べられるという幸せはこうした移動販売の方が頑張っているおかげなんだとつくづく感じました。

イベントに集まるお客さんの数を想定する

夏祭りなどの野外イベントでは、ロックコンサートや、地元の郷土芸能を披露する場を設けて、広い年齢差の人達を迎え入れる事が大事になってきます。露天の数も大事であり、より多くの露店が並べば、それだけ賑わっている感じがするのです。

人が集まらないと、売り上げも高まらないし、芸能人を呼んで盛り上がる感じも作れないのです。特に、ビールを提供するようなフェスティバルの場合は、イベントでどれだけの集客があるかがポイントになります。

イベントで用意したビールが全て完売するような状況になれば、お客さんからクレームが出てくるかもしれないし、大量のトラックでビールを搬入しても、その大半が売れ残ってしまうと大きく赤字の状態になってしまいます。

野外イベントでは、運営スタッフの人数がどれだけ必要であるかがポイントです。警備をするようなスタッフと、運営するスタッフと、機材を搬入するスタッフなどを重複させてスタッフの人数を切り詰めるのは良い考え方ではあるのですが、ピークの時間にどれだけのスタッフが対応できるかが問題なのです。

野外イベントでは、花火を打ち上げる数時間前から行列が増えてくるため、その時に事故が起こらないように誘導するスタッフが必要です。歩道橋にギュウギュウ詰めになって事故が起こったりする事があったため、スムーズな誘導をする必要がある為、スタッフのスキルも関係してきます。

多くの人達は花火を見たいためにイベントに集まってくるので、その時間までに多くの人が移動できるような現場を維持する事が大事です。

特定のフェスティバルにおいては、事務椅子を用意してお客さんに座ってもらう計算で準備していても、お客さんの方が遙かに多くて対応できない場合もあるのです。基本的にはお客さんは立ち見でイベントに参加するという計算をしないと対応が難しいのです。

そんな事から、人の集まる野外イベントにおいてはどのような状況になるのか最初で想定しておくことが大事になってきます。

野外イベントについての疑問と思い出

野外イベントってどこまでが「野外」なんでしょうか。
○○フェスとか○○レイブみたいな音楽の催しに限るってことはないですよね?
でも野球場で行われるのはどうなんでしょうか。
プロ野球も野外イベントになるんでしょうかね。ドーム球場はなんかダメっぽいけど。
「野」のイメージからして街の中じゃダメなんでしょうね。
草や木がある自然の中ってイメージですけど、別に森や林の中ってわけでもないし、
せいぜい原っぱでしょうか。
山の中とか河原で少人数がキャンプするのは野外イベントなんでしょうか。
大勢の人が参加しなきゃイベントじゃないってことではないですよね。
よく解らなくなったんで辞書を引いてみました。
や‐がい【野外】
1 野原。郊外。
2 家の外。屋外。
ということだそうですので、人数が関係ないのはもちろんですが、野球場でもOKのようです。
大体の疑問は解けましたが、私あまり得意ではないんですよ、野外。
アウトドアが苦手っていった方が解りやすいですかね、海とか山とかに好んで行くタイプじゃ
ないんです。
友達少ないってのもありますけど、疲れちゃうのが一番の理由かな。
あー、でも子供の頃は海水浴とかキャンプとか楽しかったし、苦手でも嫌いでもなかったな。
今でも決して嫌いじゃないんだけど、めんどくさいっていうかできるなら御免したい。
歳はとりたくないってのはこういうことなんだろうか。
子供の頃で思い出したけど、「仮面○○ダーショー」も野外イベントですよね。
近所でやるっていうんで観に行きましたよ。
もちろん本物じゃないのは子供でも解ってましたけどそれでも楽しかったです。
ショーの後にはサインまで貰ったりして。すぐに無くしちゃいましたけど。
今ああいうの観ても楽しいとは多分思えないんだろうな。
身体の衰えもあるけど、心が汚れてるっていうか素直じゃなくなってるってことかもしれない。
やっぱり歳はとりたくないっ、て言ってもどうしようもないし若けりゃいいってことでもないのは
歳をとったからこそ解ることでもある。
だらだらと訳解らんこと書いてしまったけど、アウトドア苦手な私ですが、BBQは好きです。
庭でやるBBQも野外イベントでしょうか?

外食は人に満足感を与え気分転換もさせてくれる

自炊はカロリーを気にしながら健康に気遣ったものを作ることができるから、ということで飲食店のような外食ではなく、自宅で食事を作ることが良いとされている風潮も一部ではあります。でも、飲食店の魅力はやっぱりいつの時代でも捨てがたい強いものがあると思います。外の空気を楽しみながら、お店の人に気遣いされながらのなか食べることができる食事は最高のものがあります。料理にも魂が込められているし、気持ちの入っている商売の食事というものは、本当に美味しいからです。もてなす心がそのまま作られた食事にも反映されているからです。だから飲食店で食べることは、これからもいつの時代でもかけがえのないものになっていくと思います。

教育上でも飲食店は有意義な場所となると思います。家庭でも飲食店で外食することは、マナーの教育にもなるからです。場慣れさせておくことも教育の一貫だと思っています。人の雑踏の空気を感じるなかでの食事は無味乾燥のようでいて、同じ空間のなかで食事するという時間を共有できることで、寂しい感情を満たしている人だっていることでしょう。職場の同僚の人間や家族外の人間と同じ時間を一瞬でも共有し、別の席とはいえ、同じ店内で食べることで、違う空気を味わい新鮮さを感じられるなかで食べることができる食事は最高だと感じている人もいるはずです。人は、適度な息抜きも必要なので、外食はやはり強い魅力でもあるし、なくてはならないものだとも思います。

食は、人の三大欲求の一つでもあるだけに、自炊以外の食事の場でも楽しめる場所があることは、人の基本的な欲求の一つでもある食を満たす選択肢が増えるので、良いことだと思います。人間は生きていく上でも必ず気分転換が必要で、生きるための最低限でもある欲求の食のレパートリーが増えることは、非常に良いことだとも思うからです。人の基本的な楽しみでもあり、無くてはならないものでもある食は、食べることができる種類が増えるほどに、人生もより深いものになっていくという側面もあるからです。食は、基本欲求が満たされることで幸福感も感じるからです。

飲食店には色んなお客さんがいます。

世の中で、なくなっては不便になるものの一つに飲食店が挙げられます。なくなっても家で料理をすれば食事を食べることができますが、疲れている時は料理をするのが非常に億劫なものです。
また家族や友人そして恋人などと雰囲気の良い店で食事を楽しみたいですよね。私たちは普段当たり前のように利用していますが営業していることに感謝しないといけません。
飲食店の店内には一人で来ているお客さんから大勢で来ているお客さんまで様々です。
私も一人でも行きますし会社の同僚たちや友人と行くこともあります。
女性を中心に一人では利用することに抵抗がある人もいるようです。私も若い頃は多少抵抗がありましたが今は全く気にせず利用することができます。
一人で利用しやすい店はカウンターがあることです。テーブル席だけでは一人で食事するのが少し場違いではないかと思ってしまいます。逆にカウンターだけの店ですと団体で利用するのにやや抵抗があります。但し食事をしてすぐ店を出るのであれば全く気になりません。
イベント前の腹ごしらえとして利用するケースもありますからね。
飲食店には常連客も多く店員さんと親しそうに会話をしているのをよく見かけます。特に個人で経営している店に多い印象があります。
私も行きつけの店はありますがそこまで店員さんと親しくないのでそういうのを見ると羨ましくなります。何気ない会話なんですが心が温まります。
常連客だけに出す裏メニューというのが存在する店もあります。人とは違ったサービスを受けられると誇らしい気持ちになりますよね。
いつか私もそういったメニューを提供してくれる飲食店に出会えることを願っております。
営業面では団体の常連客を掴むのが重要ですかね。常連といってもどこからが常連なのか線引きが難しいところですが。
しかし団体の常連客は来店頻度はあまり多くないので必ずしもそうとは言えませんかね。
結局は一人一人のお客さんを大事にすることが一番重要なのかもしれません。
これはどんな商売でも共通かもしれませんけどね。

野外イベントであると便利な持ち物

野外イベントとナルト荷物が多くなると思います。そんな時でも、どれをもっていけばいいのか複数個は掻い摘んで決めておくと当日に大荷物にならずに済むと思います。まず必要なものの一つとして服装に関しては夏は帽子があると便利です。野外ということで熱中症で倒れてしまうこともあるので、その防止策としていいと思います。後はTシャツも大事です。野外においては体温調整も大事ですのでそういったことも重要です。アーティストTシャツを着て、野外イベントを盛り上げるのもいいと思います。場所によっては防寒着も必要です。夜になると寒くなることもあるので、そんな緊急時にも羽織れるもの一枚あるだけでも違うと思います。後は気候によって雨なんて突然降ることもあるので、レインコートなんかをもっていくのもいいかもしれません。次に野外イベントの必需品に関してです。まずはチケットです。これに関しては友達でも忘れて引き返すなんてこともよくあります。チケットが無ければ行けなくなってしまうので絶対に忘れないようにしましょう。後は当たり前かもしれませんが現金も必要です。会場内でカードを使うことはできません。ほとんど現金ですので、お金は多めに持っていくのがお勧めです。後は飲み物なんかも大事です。水分補給はイベントに夢中になって怠ることがあるので、絶対にもっていって脱水症状防止のためにも確実に摂取できるようにしましょう。次に日焼け止めです。特に肌の弱い人なんかは要注意です。ものすごく焼けますので、焼きたい人はいいのですが、そうではなく肌の弱い人は特に持っていくことをお勧めします。後はタオルです。これに関しては忘れることもないと思いますが、直射日光を浴びながらのライブですので決して大丈夫だとは思わず、しっかり持っていくようにしましょう。ライブ中にもタオルを回すシーンなんかもあるので絶対に必要だと思います。以上がライブにおける必需品です。前日にはチェックリストなんか作って確認しましょう。

たい焼きのケータリングカーを利用した時の話

先日行ったスーパーに、とあるケータリングカーが停まっていました。普段そこには様々なケータリングカーが停まっており、たこ焼き、ケバブ、お好み焼きと買いたいものが合った時だけ、そのケータリングカーを利用していました。
そしてその時スーパーの前に停まっていたケータリングカーというのは、たい焼きです。たい焼きの移動販売車がスーパーの前に停まっており、非常に餡と、カスタード、またザラメといったいい~匂いをさせていたのです。私は久々に利用しようと思い近づいたわけですが、その時にとあることを思い出しました。
そのとあることというのは、たい焼き屋で注文するときにとあるワードを言うと、とあるモノをつけてもらえるというトリビアのようなものでした。注文するときにあることをいうだけで、無料でもらえるものが増えるだなんて、夢のような話です。ですがやってくれるところとやってくれないところがあり、それは実際に言ってみないと分からないとのことでした。
さて、ではその魔法のワードとはなんなのでしょうか?伝えると一体何がもらえるのでしょうか?魔法のワードというのは「バリつけてもらえますか?」で、もし対応しているたいやき屋であればバリというものを無料でつけてもらうことが出来ます。
さて、バリという聞き慣れないワードが出ましたが、バリとはなんなのか?バリとはたい焼きを成形する時にどうしても出てしまう皮のようなもので、余った小さな生地のことです。「バリください」と頼めば餡も何もついていない、小さなボロボロと崩れた生地をつけてもらえるというわけなんですね。
私はそのたいやき屋でバリをつけてもらうことにしました。注文するときに一言、「バリください」とお願いしたわけです。私は当然、バリがつけてもらえるものだと思っていましたが、どうやらそのお店では対応していなかったようで、困った顔をされてしまいました。
なんのことかも分からないという顔をされるのは想定外だったので、ちょっと恥ずかしかったです。

飲食店のバイトをするために考えるべきこと

飲食店のバイトはお客様に利用されやすい店の雰囲気を作ることが求められ、明るく清潔な環境を作ることを心がける必要があります。店を満足してもらうために必要なことは気さくに話しかけやすい雰囲気を作り、接客をする時に心を込めて対応することが大事です。
飲食店は周囲に多くの店があると競争が激しく利益を上げることが求められ、多くのお客様に利用してもらうためには利用者の口コミを良くすると効果を出せます。バイトの仕事は自分勝手に判断せずに店長の指示にしたがって行動し、お客様を不快な気分にしないように言葉遣いや商品の提供の方法などを把握して実行する必要があります。
バイトの仕事はただ単に働きたい時間に仕事をすることだけではなく、スタッフと協力してお客様に喜んでもらえるようにやりがいを感じて取り組めるように考えると効果的です。仕事の内容は時間帯によって異なり、流れを正しく把握しお客様が求めていることを理解して対処することが求められます。
初めて接客の仕事をする時は正しい接客用語の使い方を確認し、お客様との信頼関係を強化できるように接客応対のコツをつかむことが重要です。飲食関係の仕事はお客様を相手にするため積極的にコミュニケーションをすることを心がけ、求めていることを理解できるようにする必要があります。
接客関係の仕事は常連のお客様に名前を覚えられるようにするとやりがいを感じて働けるため、経験を通してコツをつかむと効果的です。バイトの特徴は空いた時間を使って仕事ができるため学生の時に職務経験ができ、職場で働くために必要な常識などを知るきっかけにすると今後の就職などにも役立ちます。
飲食店のバイトをするために考えるべきことは仲間と協力してお客様に満足してもらえるように考え、接客のコツなどをつかめるように仕事に取り組むことです。バイトは空いた時間を使って手軽に仕事の経験ができるため、接客の方法を知るとサービス業などに就職をする時に役立ちます。

1 2 3 4 5
PAGE TOP ↑