お問合せはこちら

飲食店でアルバイトをするのに向いている人とは

アルバイトの中でも一番定番のアルバイトといえば、やはり飲食店でのアルバイトになると思いますが、そんな飲食店でのアルバイトにも向いている人と向いていない人がいます。では実際に向いている人とはどういう人なのかというと、個人的にはとにかくいつも笑顔の明るい人だと思っています。
飲食店に限らず接客業の基本は笑顔なのですが、飲食店でのアルバイトでは特にそれが重要になってくると思います。お客さんからしたら、いくら料理の味が美味しかったとしても、陰気くさい雰囲気のお店では食事をしたくはないでしょうし。個人的にはテレビなどでよく放送している頑固親父の店には、絶対に行きたくないです。やはり気持ちよく食事をするという意味でも笑顔は大事ですし、その笑顔によって醸し出される明るいお店の雰囲気というのは、食事をする上では一番大事だと思います。
中には明るいを勘違いして、ただ大声を出しているだけの接客をしているお店などもありますが、別に大声を出しているから明るいという訳ではないですよね。やかましいと明るいは別物だと思っています。まあその辺りは個人の感覚によるものかもしれませんが。
それ以外だと、性格が大雑把ではなく几帳面な人も、飲食店のアルバイトには向いていると思います。このアルバイトは食べ物を扱うアルバイトなので、衛生的なものには何よりも注意を払う必要があります。仕事に入るときはしつこいくらい、爪の中まで念入りに手を洗う必要がありますし、食器やお店の中なども常に綺麗にしておく必要があります。食べ物の廃棄などに関しても細心の注意が必要など、とくかく色々なことに気を付けておく必要が出てきます。その時に大雑把な性格だと、その辺りを蔑ろにしがちなので、あまりこの仕事には向いていないのです。
ですが接客をしていく上では、少し頭のおかしいお客さんというものは絶対にいますし、そういうお客さんをあまり気にしないという大雑多さは必要になるので、その辺りの匙加減は難しいですね。

地方の食文化が東京より優れている点

東京から地方へ引っ越しました。地方はのんびりしていて、自然も豊かでよいのですが、飲食店が少ないのは残念です。思えば、東京には飲食店が溢れていました。こんなに乱立して共存できるのかと心配になるほどに、どんな町にもたくさんの飲食店がありました。それも、いろんな種類の飲食店です。フレンチやイタリアン、中華料理、タイカレーなど、世界中のさまざまな料理が東京には一堂に会しています。そんなバラエティーに富んだ東京の飲食店と違って、地方の飲食店では食べられるものが限定されています。イタリアンやフレンチ、中華くらいなら地方にもありますが、タイカレーや本格的なインドカレーとなると、地方で良い店を探すのは難しく、どうしても東京生活のことを思い出して、ちょっとした憂鬱に陥っていしまいます。

地方の飲食店文化にも良いところはないのでしょうか?東京と比べて地方を蔑んでいても仕方ありません。どうせ地方に住むのなら、地方ならではの食文化の良さを追求してみたいものです。最近はそんな思いを抱えながら、ドライブしたり散歩したりしています。そうして気づいたのですが、地方はやはり素材が良いです。スーパーには地元で採れた旬のものしか置いていないのですから、何を食べても美味しいものです。それに比べて東京はどうでしょうか?東京は火山灰が地層に降り積もっているため、おいしい野菜が育ちません。東京湾は汚れてしまって、築地に並べられる魚は全国の漁場から集まったものです。鶏肉や豚肉、牛肉でブランド化されているものは、全部地方のものです。つまり、東京は多様な飲食店文化が花開いていますが、そこで扱われる素材は全国各地から集められたものなのです。ならば、地方に在住する者は地方の食文化にもっと誇りをもっていいのかもしません。旬の味覚を新鮮なままに味わえるのは地方の特権です。

こうして私は東京の飲食店文化へのコンプレックスを克服し、地方の飲食店に愛着を持つにいたりました。もちろん、東京の多様性は素晴らしいもので、それを羨ましく思うことはありますが、地方に住んでいるあいだは地方の良さに注目して、食生活を楽しんでいきたいと思っています。

世界有数の飲食店文化をもつ日本

食べることが好きなので、いろんな飲食店に通っています。日本料理や中華、フレンチ、イタリアンといった定番どころから、インド料理やモロッコ料理といったエスニックな飲食店まで色々。どんなものを食べても美味しいので、グルメ道には終わりがありません。日本は世界でも稀に見るほど多種多様な食文化が共生してる国なので、日本にいながらにして世界中の食文化を経験することができます。こんな日本に生まれたからには、食べることが好きになってしまうのも無理のないことかと思います。

そんな豊食の日本に生まれて日々、「口福」を噛みしているわけですが、ときどき思うことがあります。いったい自分は何が一番好きなのであろうか?と。難しい問題です。どの国の料理が一番美味しいかだなんて、一概には決めかねることです。日本人としてはやっぱり日本料理が世界一!と叫びたい気分になることもありますが、そう主張したすぐあとに、いやいや本格的なインドカレーが放つ香りの豊かさは日本料理には決して見つからないものだぞと呟いたり、中華四千年の歴史にはやっぱり敵わないよねと白旗を挙げたくなるような気持ちになることもあります。他にもイタリア料理に特有のシンプルなセンスの良さとか、フレンチの豪華さとか、タイ料理のエキゾチックな辛みとか、これぞ世界一と思う料理を挙げ始めるとキリがありません。そんなことですから、いっそのこと世界の食文化のそれぞれが等しく素晴らしいと言いたくなりますし、そんな多様な食文化を経験できる飲食店が日本にわんさかとあることに感謝したくなるような気分になります。だから、むしろ、こう言いましょう。世界でどの料理が一番優れているかは分からないが、世界中の料理を分け隔てなく味わえる日本こそが世界で最も優れた飲食店文化を持つ国だ、と。実際、海外を旅してみると、食の選択肢の少なさに辟易させられることもままありますし、この主張はあながち大袈裟ではないと思うのです。

日本は世界有数の飲食店文化を持つ国です。そんな国に生まれて良かったと心から思います。

日本に根付いているケータリング文化

屋外イベント会場やオフィス街などでおしゃれな移動販売車を見かけることが多くなりました。
外観だけじゃなくって、今では名前までおしゃれにケータリングカーっていうんですね。
昔、移動販売っていったらたこ焼きとか焼きそばにホットドッグ、フランクフルト、アメリカンドッグ、
あとはクレープとかソフトクリームぐらいでした。
昔は種類が少なかったけど今は多種多様なんですよね。
お弁当のケータリングカーはオフィス街でお馴染みですが、メニューが結構豊富でお値段も安い
からリピーターも多いんだそうです。
いろんなパンを使ったサンドイッチとかパスタ料理やピザ、タコス、中華ちまきなど、和・洋・中が
揃っているのは時代がグローバルになったことの現れでしょうか。
そういえば一時、焼き立てメロンパンの移動販売車が大流行したことがありました。
漂う甘い香りにたくさんの人が列を作って焼き上がりを待っている光景があちこちの住宅街や
繁華街の路上で見られたものです。
ブームに乗るのが得意じゃない私は一度も買わずに結局取り残されてしまいましたが、今思えば
あれはメロンパンのブームというよりケータリングカーブーム?のはしりだったかもしれませんね。
車を使っての移動販売といえばその元祖的存在が石焼き芋でしょう。
寒い季節になると妙に食べたくなりますよね。
ピーという汽笛とともに聞こえてくる「い~しや~きいも~」の声は日本の冬の風物詩でした。
使われていたのは主に軽トラックでしたが、今だったらケータリングカーでおしゃれな焼き芋屋さんも
いいですよね。
振り返ってみると日本の移動販売って結構歴史がありそうです。
石焼き芋も軽トラックが主流になるまではリアカーが使われていました。
時代劇にはおそばの屋台がよく出てきますし、飴や金魚を肩に担いだ天秤棒で売り歩いたことまで
含めれば何百年にもわたる歴史ということになるでしょうか。
天秤棒がケータリングカーの直接のルーツとはいえませんが、日本には古くから移動販売が存在して
今では一つの立派な文化になりました。
きっとこれからも新たな歴史が書き加えられ続けるのでしょう。

価格が安い飲食店を正しく選ぶコツ

外食をする時は飲食店を探して好みのメニューを選ぶ方法が望ましく、価格が安い店を探す時はグルメ関係の雑誌やサイトの内容を確認して選ぶと便利です。好みの店を探すポイントは人それぞれですが、料理の素材などを確かめて安いと判断することやただ単に価格だけを見て判断する考え方があるため満足ができるように決めると自分に適した店を探せます。
飲食店は店の立地条件や使う素材などに応じて価格が変化し、大都市の繁華街などを利用する時は場所代が高いため高くなる傾向が強いです。店に関する情報は比較サイトなどを参考にすると価格やメニューの特徴を確かめて探せるため、食べたいメニューを堪能できるように決めると満足できます。
外食をする目的は自分自身で料理を作ることが面倒に感じる時や友達を誘って交流を深めるために利用するなど様々な方法があり、なるべく出費を減らすようにするためには価格が安い店を探すと便利です。価格を安くするコツはクーポン券を使うと便利で、グルメ関係のサイトからダウンロードして使えるために最新の情報を確認すると役に立ちます。
飲食店は駅周辺や幹線道路沿いなど行きやすい場所にあることが多く、店が多い繁華街などは目立ちやすい場所を確保できないため路地裏にあることが多いです。外食をする時は男性は一人で行っても気軽に店に入りやすいため問題がないですが、女性の場合は一人だと入りづらい雰囲気があるために友達などと行く方法が一般的です。女性でも気軽に入りやすい店を探す時は口コミなどを参考にすると便利で、店の雰囲気を確かめて決めると安心できます。
価格が安い飲食店を正しく選ぶコツはメニューの特徴を確かめ、満足できるように選ぶことです。飲食店のメニューの価格は場所代や人件費によって変わるため、高いと感じるか安いと感じるかは人によって違います。外食をする時は満足して利用できる店を探し、自分なりに内容を比較して決める方法が望ましいです。

矢倉が設置される事が多い野外イベント

野外イベントの特徴の1つは、矢倉です。室内とは異なり、それが設置されるケースが非常に多いのですね。
そもそもイベントには2種類あって、室内もしくは野外のどちらかになります。やはり夏のシーズンなどは、後者のイベントが開催される事が多いですね。
ところで野外で開催される場合は、前述の矢倉が設置されるケースが非常に多いのです。矢倉というのは、いわゆる設置台のようなものです。
そもそもイベントでは、必ずと言って良いほど証明機材や音響機材などを設置する事になります。ただそれを設置する場所は、ある程度頑丈なものでなければなりません。
そしてイベント会場などでは、直接地面に多くのは難しいのですね。地面というのは、必ずしもそれらの機材を置くのに適しているとは限らないからです。
このため野外のイベントでは、前述の矢倉が組まれるケースが大変多いです。矢倉は、たいてい黒い色になっていますね。いわゆる鉄でできている矢倉なのですが、見た目通り非常に頑丈です。
ところで屋内イベントの場合は、そのような矢倉が用いられているケースは、意外と少ないのですね。そもそも屋内の場合は、いわゆるコンサートホールなどが用いられる事が多いです。ホールの場合は、前述のような機材を設置する為の設備も整っている傾向があります。ですのでわざわざ矢倉を設置する必要もないのですね。
ところが野外の場合は、必ずしもそれを設置する環境が整っているとは限らないので、前述のような矢倉が設置されるケースが大変多いです。矢倉の随所に、照明機材が付けられている事も多いですね。ある意味それは、野外イベントの特徴の1つとも言えるでしょう。
ただし、稀に例外はあります。イベントの中には、非常に大掛かりなものも見られるのです。それで便宜上、どうしても室内に矢倉を設置しなければならない事もあります。
しかしそのようなケースは、極めて稀だと考えて良いでしょう。矢倉は屋内というより、むしろ屋外に設置される事が多いものなのです。

野外イベントの魅力を紹介したいと思います

今年、音楽の野外イベントに行ってきました。今回行ったのは大勢のアーティストが集まるような野外イベントではなく、1人のアーティストによるものです。そのアーティストの野外イベントに参加するのは今年で2回目になります。ちなみに前回参加したのは3年前になります。3年前に行った野外イベントが、そのアーティストのライブ初参加だったということもあって、同じ場所で開かれた今回のライブはなかなか感慨深いものがありました。
野外イベントの魅力はなんといっても屋根がないところではないでしょうか。屋根がないため、イベントによっては雨が降って大変ということもあるようですが、それもまた思い出づくりとして良いのではないかと思います。自分が参加した野外イベントの天気はというと、2回とも晴れてくれたためラッキーだったのでした。しかし当日まで天気が気になって仕方がありませんでした。1週間くらい前からネットで週間天気を頻繁に見るようになって、最初は晴れの予報だったのに日が近づくにつれて曇から雨の予報になり、2日前から雨だと覚悟していたところ結局当日は晴れてくれたので、ハラハラさせられましたがかなりラッキーでした。当日、アーティストもMCで天気について語っていて、同じ想いでいたようです。
屋根がない爽快感について少し書きたいと思います。夕方の開演だったのですが、空がだんだん暮れていく中で演奏される音楽も変化していき、空の模様と音楽が見事にマッチした瞬間があったのでとても感動的でした。そのアーティストはこの場所で何度も演奏しているためか、そういった時間による空の変化もセットリストを考える際に考慮されていたのではないかと思います。
屋内にはない野外イベントの魅力としては、アルコール類を飲みながら楽しむような雰囲気が出来上がっているところにもあるかと思います。そのアーティストも当日にツイッターで「本番前に流す音楽でビールが進むと思います」とつぶやいていました。あとは、音響の面はコンサートホールなどには劣るのかもしれませんが、空に向かって音が突き抜けていくような爽快感は野外ならではの魅力を感じます。

野外イベントでは雨具は用意すべき

野外イベントは、非常に魅力的だと考えます。そのイベントの一番の魅力は、やはり開放感ではないでしょうか。
イベントというのは、様々な場所にて開催されています。もちろん室内において開催される事もあるのですが、夏などは野外の催し物が非常に多いですね。やはり開放感を一際感じられるのが、その理由の1つだと思います。
ところで野外イベントには1つポイントがあって、天気などには注意を要するのです。というのも野外の場合は、何が起きるか分からない一面があります。特に注意を要するのが、雨ですね。
そもそも野外の場合は、当然の事ながら屋根がありません。ですので会場に雨が降ってくれば、参加者の方々は濡れてしまう事になります。その雨対策は、やはり考えておく必要があるでしょう。
私の経験上、少なくともカッパだけは用意しておくべきだと思います。傘ではなく、カッパの方がベターですね。なぜならイベントだからです。
一度でもイベントに参加をした方でしたらご存知かと思いますが、会場にはとても多くの方々が見られます。催し物によっては、数万人を超えることもあるのです。
それだけ多くの人数が集まる会場ですと、なかなか傘を使いづらい一面があります。他の参加者に対して傘が当たってしまい、ケガの元になってしまいかねないからです。ですのでイベント会場では、ちょっと傘が危険な事もある訳ですね。
傘よりも、むしろカッパの方が身軽に動く事ができるでしょう。ただしカッパにも、色々な種類があります。雨に耐える力に優れているカッパもあれば、そうでないタイプもあるのですね。
個人的には、やはり前者のカッパを選ぶべきだと思います。そのような雨具は総じて費用も高めになる事が多いですが、そもそもクオリティーが高いカッパの方が、びしょ濡れになる確率も減るものです。多少の費用もかかっても、そのイベントを満喫する為に、良い雨具を用意しておきたいものですね。意外とそれは、大切だと考えます。

夏は野外イベントでストレス発散

私は野外イベントが大好きです。特に夏の野外フェスなどは、毎年のように参加していて、さすような日差しの下で大声を張り上げて大騒ぎする事でストレス発散をしています。もうそれが毎年の恒例行事のようになっていて、夏がやってくると野外イベントに参加したくてたまらなくなってきます。夏の屋外での音楽イベントは、ライブハウスなどとはまた違った盛り上がりがあって、ミュージシャンのテンションも心なしか野外フェスのほうが高いような気がします。あの開放的な空間と、とてつもなく大勢の観客が舞台上のパフォーマーの気分を盛り上げるのかもしれません。こんなにも楽しくて、盛り上がる夏の野外フェスですが、実は問題点もあります。それは、体への負担が思いのほか大きいことです。舞台上の演者の皆さんも相当大変だと思いますが、客席にいる側もけっこう肉体的に大変で、やはり長時間、夏の強い日差しの下にいることは、かなり肉体的にはきついです。帽子や日焼け止めに、十分な補給用の飲料水など事前に万全の準備をして臨んでも、終わって家に帰ると肉体的にはものすごい疲労感があります。帰宅して、落ち着いてみるともの、思いもよらない場所にすごい日焼けの跡や虫刺されの跡があったりして驚くことも多いです。しかし、そんな大変でしんどい思いをしても参加したくなるのが野外フェスで、それだけ人を惹きつける魅力のあるイベントだということだと思います。もちろん、夏以外の野外イベントも楽しくて好きなのですが、なぜか夏の方が盛り上がり感があるような気がします。やはり、夏の日差しや青空が開放的な雰囲気を演出するからでしょうか、それとも、あの暑さが熱気に変わるからでしょうか、理由はよく分かりませんが、やはり夏のイベントが最高ですね。そんなわけで、これからも体力が続く限り、イベントがある限り、ストレス発散とエネルギー充電のために夏の野外イベントに参加していこうと考えています。

野外イベントの前に確認すること

野外イベントの前に確認することはいくつかあります順を追って説明します。まず、天気予報のチェックは必須です。なぜなら、雨天で中止になることもあります。そのような急なことで混乱しないためにもそのフェスの天候による開催は調べた方がいいです。台風といった天候の荒れ方によっては交通も混雑することがあると思うので、転機なんかには注意しましょう。次に、開催場所までの交通機関の把握は確実に抑えておくべきです。開催地域にどのようにアクセスすればいいのか徒歩で電車で何分かかるのかなど、細かく知る必要があります。フェスの開催というのは土日ということが良くあります。なので他のイベントなどで人の流れもすごかったりします。しっかりと把握することは大事です。更に大事なのは帰りの交通機関のチェックです。帰り廃棄よりも終電なんかあったりと焦ることもあります。野外イベントは終わってからの人の流れが凄いので、ぜったに帰りは乗り遅れたりしないためにも交通機関のチェックは必要です。次の日が会社という人も多いと思うので、そういった方は特に注意です。後は、タイムテーブルのチェックなんかも必要です。当日になると、どうしても頻繁なアクセスが避けられないことがあり、アクセス制限で見れないことがあります。ですので当日に見るのは避けて事前にチェックしておきましょう。スマホを持っている方なんかはスクリーンショットなんかをしてそのタイムテーブルを画像として残しておくのがいいです。ご飯なんかで用を済ませてる間に目的のアーティストが歌い終わっていることなんかが無いようにしましょう。後はトイレの場所の確認も忘れがちですが意外と重要です。仮説のトイレということも多いですが、場所がどこにあるかなんてのは決まっています。混雑を予測して、どこにトイレがあるのかぐらいは確認しておくことが大事です。間に合わなくなるなんてことが無いように、ばしょのチェックだけでも大事です。以上が野外イベントにおいての確認事項です。

1 2 3 4 5
PAGE TOP ↑