お問合せはこちら

野外イベントに行くために準備する事

野外イベントに行くためにはまずは情報をネットから収集しましょう。どんな野外イベントがどこで時間はいつ開催されているのかなど細部まで把握することは大事です。公式サイトやフェス限定サイトなんかを見て確認しておけば、いつどこで開催されるかはわかるので、まずはそこから確認しましょう。行きたい野外イベントが見つかったら、直ぐに事前販売を行っている公式のサイトへ飛びましょう。一般販売なんかを待っていたら売り切れていけないなんてこともあり得るので、そんな悲しいことが起こらないためにも、そのことには注意して、探しましょう。そして、チケットを確実に下とするのが重要です。もしどうしてもだめだったら、オークションなどで探すのも一つの手かもしれません。チケットを購入出来たら移動場所の下調べと時間の確認です。必要な場合は宿泊先の確保もしましょう。野外イベントに伴い、直ぐに宿泊施設も埋まってしまいます。チケットが取れたら即座に野外イベントが行われる場所を調べて、その周辺の宿を日にちを合わせて予約しましょう。後は基本的な持ち物として、持っていくべきものは個人で確認しておきましょう。そして行くまでの期間はそのアーティストの曲をリピートして聞くのもいいです。当日に知らない曲ばかりだと困るよりかは、聞いたことのある曲で盛り上がった方が絶対にいい思い出にもなります。当日の楽しみを倍にするためにも、そういった予習のようなものも必要になります。動画サイトや、自分でCDレンタルしてきて暇な時に聞くというだけでもいいので、ある低でタイムテーブルにある人の曲は知っておくようにしましょう。タイムテーブルも2週間前には更新されているところが多いのでしっかりと公式のサイトなんかを見て、チェックしましょう。当日の服装にも気を付けもましょう。しゃれた服装もいいのですが、夏の野外だと、イベント当日に服で公開することが多いです。ですので、気温にあった服や対策をしましょう。

人生で一度は行ってみたい野外イベント

ナイトズー、夜の動物園と聞いて何を思い浮かべますか。
動物園は普通、昼間に見に行くものですが、期間限定で夜間も開放している動物園があります。例えば静岡県の浜松市の動物園では8月の週に一回、ナイトズーの企画を行っており、夜行性動物であるオオカミやライオン、虎などの獰猛な動物を見る機会を提供しています。

湖のほとりで映画祭を行うイベントもあります。
山梨県の本栖湖では夏の期間だけ、昼に音楽の演奏、夜は月に照らされた幻想的な場所で自主制作した映画の上映を行うというロマンチックな企画を行っています。恋人同士で行けば雰囲気が良いのでムード満点の中、親密度がアップするのは間違いありません。デートがマンネリ化して非日常の空間を体験したい方は是非こういったアウトドア系のデートに誘って見ると良いでしょう。

また京都のスチールの森で9月下旬に行なわれるキャンプイベントも魅力的です。
山で開催されるアウトドア系のイベントは、多くの場合、音楽で踊って、お酒を飲んでワイワイして終わりというものなのですが、スチール森のイベントは非常に個性的で、健康面に配慮したヨガからラジオ体操、若者向けのキャンプ合コン、子供向けの縄跳びやスタンプラリーまで全ての年代に対応した企画イベントが行なわれています。1泊2日の入場券で5500円とコンサート並の価格ですが、カップルから家族連れまで大いに楽しめる野外イベントと言えるでしょう。

一風変った映画のようなイベントしては岡山県瀬戸内市の牛窓の島で行われるイベントがあります。ワークショップで手作りアクセサリーを製作したり、ヨガをしたりといったイベントはよく見かける光景ですが、やはり島に滞在して自然を満喫できるという魅力は大きいです。海辺で一日、波の寄せては引いていく音を聞いているだけでリラックできるような理想的な環境です。普段、オフィス街などであくせく働いていてストレスを感じているような方は、こういったイベントに一度参加してみると良いリフレッシュになるのではないでしょうか。

野外イベントを楽しむキーポイントは天候対策

野外イベントを最大限楽しむなら屋内とは違うということをまず念頭において、しっかりと持ち物を用意することが必要になってきます。普通に建物の中で楽しむコンサートなどと一番違うのはやはり空の下で行うということなので、天候に関連するものを持ち歩いてパパッと対策できるようになれば参加者としてとてもグッドでしょう。照りつける日差しはイベントの熱気を引き立てるものでもあるのですが、日差しを浴び続けると体調に変化が現れたり日焼けをしてしまったりといった可能性もあります。だから日焼け止めを塗って帽子を被るなどすると、長時間ずっと野外イベントでテンション上げっぱなしでも体力に余裕がでてくるのです。
こういったことは夏限定と思われがちだけれど、意外と季節を問わず日差しを長時間受けることは体力の消耗に繋がるため、野外イベントで良い思い出を作りたいなら忘れてはいけない事柄といえます。そしてもちろん雲ひとつない日ばかりとは限らないわけだから、もしものときのために雨具や防寒具を準備しておくといいかもしれません。当日朝にスカッと晴れていても特に音楽関係のフェスなら山の近くで行う場合も多いから、ちゃんと対策しておくのにこしたことはないです。雨具は傘よりも合羽のほうが周りへの配慮にもよく、視界がふさがらず手ぶらでいられるので持ち歩くのにベストなチョイスです。
折りたためば手のひらサイズに収納できてポケットに入れてもかさばらない登山用の合羽が売られているから、野外イベントのように身軽で参加したいスポットへ行くのにとてもマッチしています。私の経験では天候による問題さえクリアできたら期待以上に楽しめることが多かった記憶がありますし、外という開放感がイベントを何倍にも興奮させるものにしてくれる気がします。1年ごとに行われるような大規模なものだと絶対参加したいという思いが強く、予定されている日には有給を取ってなるべく友達と一緒に出かけるのが私の毎年の習慣です。

野外フェスでのファッション選び

野外のお祭りであるフェスで気になるのが服装ではないでしょうか。

野外イベントには山で行うものと海の近くで行う2タイプに分かれます。

山で行うイベント系では、夏なら半袖・冬なら長袖で良いのですが、夏場に黒地の服を着るのは避けたほうが良いでしょう。黒は日光を吸収しますから、真夏であれば暑くて汗だくになってしまいます。逆に白一色で上半身・下半身を統一すれば、爽やか感を演出することもできます。靴は夏なら通気性の良いビーチサンダル、冬ならスニーカーやブーツなどが保温性が高くオススメです。日焼けが気になる方はサングラスや帽子をかぶっていくと、ファッション性の高い着こなしをしているように見せることができます。サングラスはかけなくても、シャツからぶら下げたりするだけでアクセサリーに早変わりしカッコよく見せられます。夏なら帽子に加えて日焼け止めも塗っておくと対策は万全になります。フェスによっては民族衣装を着る集団がいたり、髪飾りをたくさんつけたオシャレな女を見かけることができるので、次の年に向けて参考にすると良いでしょう。

海で行うイベントの場合は、夏ならサーファー系のTシャツに短パン、あるいは水着にTシャツを上から着る感じでも良いでしょう。冬なら海風がビュービュー吹くのでかなり寒く、防寒性のウインドブレーカーやコートを持って行った方が良いです。夏場はどうしても汗をかいてしまいますので、着替えのシャツや下着を用意しておくべきです。
また水分補給のためにペットボトルを持っていくのも良いのですが、問題はトイレです。イベント会場の女性用トイレは必ずといって良いほど行列ができます。ですので、夏場以外は女性はある程度水分は控えめにした方が良いかもしれません。
夜間に行なわれるライブコンサートなどの場合は、腕につける蛍光アクセサリーがおすすめです。夜になるとアクセサリーが光るので目立ちますし、いかにもライブっぽい感じが出て雰囲気が出ます。

一人で行っても楽しめるのが野外イベントの良いところ

夏といえば何が思い浮かぶと聞かれたら花火と答える人が多いかもしれませんが、私は野外イベントと答えます。
野外イベントは夏限定ではありませんが、夏に行うイメージがあります。
私はこのようなイベントが大好きなのでよく参加します。友人や彼女と参加することもあれば一人で参加することもあります。
誰かと一緒に参加すると話し相手がいるので面白いですが、一人で参加してもイベントが始まってしまえば周りの皆と一緒に盛り上がって一体感があるので十分楽しめます。
最近はあまりイベントに興味のない友人を半ば無理やり誘うより一人で参加する方が良いと思い始めています。
野外イベントで一番心配なのは天候です。少しくらいの雨なら開催されますが台風や雷雨になりますと残念ながら中止になってしまいます。
折角楽しみにしていたイベントが中止になるほど残念なことはありません。
そういうわけで開催前から天気予報が気になりこまめにチェックします。夏といえば雷雨や台風も多く発生するんですよね。
インターネットで約2週間後まで天気図予想が見られるので、特に台風発生の予想がないかチェックです。
明日の天気も確実に予報できないのに2週間後の天気図などかなり信憑性が低いんですけどね。
それでも台風発生の予想があると心配になり、発生する気配がなさそうだと安心します。
そして雨だけではなく気温も気になるところです。熱中症対策も万全に行いますがそれでも猛暑日になると大変です。
イベント終了後はスタミナが消耗してバテバテになっていることも少なくありません。
でも終わった後の達成感は何とも言えないものです。これは参加した人でないと分からないものだと思います。
無事に開催して無事に終了すること。これが野外イベントの目標です。
参加予定のイベントが残念ながら中止になったことを何度か経験しているので切に思いますね。
しかし自然の力には勝てないので仕方ないことです。安全第一ですからね。楽しいイベントですが強行して怪我人などが出てしまったら悲しすぎますからね。

野外イベントで楽しいと感じる時

夏の風物詩となり、楽しい思い出となるのが野外イベントであり、地方の都市では1年に1回有名なアーティストを招いて野外イベントのライブを開いてもらうことがあります。その土地に住んでいる人たちは費用を払うことなく無料でそのライブを見て聞くことができることもあります。そのようなことが恒例となっている都市では今年はどんな歌手やグループが来てくれるのだろうかということにとても関心が集まりますし、その日は確実に会場に行けるように予定を入れないようにすることができるのです。

野外イベントはそれを盛り上げる司会者、そしてゲストなどが登場することがありますし、地方でのイベントではその地方の特徴となるものをネタにして話を盛り上げていきます。そうしたものは地元の人たちの共感を呼び、好感度はかなりアップすることになるのです。特産物や気候に関すること、また自然や食事に関することなどを事前に調べていることが多いのです。

そしてこうした野外イベントを楽しむためにはどのような席を取るのかということがかなり重要になってきます。というのは例えば午後5時から始まるイベントで5時少し前に会場に入ったのでは席がほとんど残っていないかもしれず、立ち見になってしまうかもしれません。そして背が低いとステージが良く見えず声だけを聞くような状況になりかねないのです。それで前もってかなり早くから会場に入り、見やすい前の方の席を取るように努力することがそのイベントを楽しむためには必要になるのです。そしていざイベントが始まったのであれば会場のノリに合わせるようにします。みんなが手拍子をしているのであれば自分もそうするようにしますし、声を出したりすることもよいかもしれません。その会場の雰囲気に自分を合わせ一緒に盛り上がるようにしていけばそれは本当に楽しいものになるに違いありません。野外イベントは夏の最高の思い出になり得るものですので、後悔しないようにできるだけ楽しむようにするのです。

普段の生活範囲で利用するケータリングカーの食べ物屋さん

外食は普段より高いお金を出して食べるだけあっておいしいですが、その中でも文字通り外で売っているケータリングカーの移動販売でお腹を満たすのは至福のひと時です。この商売は結構近頃流行っているのかわからないけれど、スペースさえ余っていればいろんな場所で見かける気がします。私が住んでいるところの周辺で見かけるのはスーパーやカーディーラーなんかが特に多く、営業しているときはお腹がすいていなくてもつい買ってしまうから移動販売の魔力はすごいと感じます。頻繁に目にするとはいえいつもそこにいるということがないから、ある意味では期間限定のような錯覚を覚えてしまい日本人の限定に弱いという心をくすぐる上手い商売と思います。
ちなみに住宅街に近いせいかケータリングカーでイメージするクレープ売りにはまだ会ったことがなく、割合的にはたこ焼きやアイスなどがほとんどです。というかこの二つを同時に売っているお店がきていて、冷たいものと熱いものを一緒に売っていて不思議な感覚がします。しかも今まで見たどの移動販売よりも価格設定が安く、どちらも100円で統一されていることもあってかなり人気が高いみたいで噂になっています。実際食べてみると値段相応というか味は特別おいしいというわけでもないものの、最初に言ったとおり外で食べるという普段の生活とは違う空気が味を倍くらいのおいしさにひきたてているし、そこらへんで買えるものより体感的な評価は高いです。
広い敷地のお店の隅にポツンとケータリングカーが止まっているにもかかわらず、存在感はとてもありスーパーなどが目的で訪れた人も結構寄っているように見えます。最近はあまりの人気ぶりか晴れの日に近くを通るとほぼ毎回いるのがわかるから、経費なんかを引いてもきっとトータルの収入も凄いのだと思います。安くておいしいものを食べられるという幸せはこうした移動販売の方が頑張っているおかげなんだとつくづく感じました。

1 2 3 4 5
PAGE TOP ↑